電子ゲーム機器(ソフト)、その他電子機器の生産|京都電子工業|京都府|福知山

文字サイズ
>
沿革

沿革

 

西暦 沿革
(任天堂㈱主体の組立~梱包を中心にした生産時期:基板加工は外注展開)
昭和42年(1967年) 2月 会社設立
昭和45年(1970年) 任天堂㈱よりゲームパック等の生産開始
※任天堂㈱のモノ作りの一次外注先の中では弊社が最古参である
昭和50年(1975年) ウエスト電気㈱よりカメラ用ストロボ生産開始
昭和54年(1979年) 任天堂㈱の電子ゲーム機器生産開始
昭和60年(1986年) 2月 本社工場新社屋完成(現在地)
任天堂㈱のファミコン生産開始
昭和62年(1988年) オムロン㈱の光電スイッチ・近接スイッチ生産開始
平成02年(1990年) 1月 物流センター竣工
任天堂㈱のゲームボーイ、スーパーファミコン生産開始
平成05年(1993年)11月 BVQIよりISO9002の認証を受ける
平成08年(1996年) 任天堂㈱のNINTENDO64生産開始
㈱ハーマンのガス機器制御基板生産開始
(SMTラインの導入を含む複数顧客の製品生産対応)
平成09年(1997年) 日立マクセル㈱のリチウムオン電池の二次加工品生産開始
平成10年(1998年) 任天堂㈱のカラーゲームボーイ生産開始
平成12年(2000年)7月 基板表面実装ラインを本社工場へ導入(1ライン)
任天堂㈱のゲームボーイ用カートリッジ基板から実装開始
センサテック㈱のセンサー関係基板実装開始
平成13年(2001年)6月 技術センター竣工
基板表面実装ラインを技術センターに移設、2ライン増設(計3ラインへ)
任天堂㈱のゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ生産開始
(この頃よりBGA/1005サイズの部品実装開始)
シライ電子工業㈱より民生用電子機器の試作基板実装加工対応開始
平成14年(2002年)2月 ㈱島津製作所との取引開始(紫野工場・試験機製造部)
その後、モノ作りセンター電子G、航空機器事業部との取引開始へ
平成14年(2002年)2月7月 基板実装ラインを2ライン増設(計5ラインへ)
本社工場へ半田槽(共晶仕様)を導入
(SMTラインを主軸に各種基板加工ノウハウの蓄積。新たな顧客開拓へ)
平成15年(2003年) ◇某同業者より携帯電話基地局用基板の実装加工対応
◇某同業者よりデジカメ用基板の実装加工対応
◇某顧客より制御系基板(某実装機メーカーの実装装置向け)のCPU-BOXの基板加工対応
◇某顧客よりAV機器関係製品の基板加工対応
平成16年(2004年) ◇某同業者より携帯電話用SUB基板の実装加工対応
◇鉛フリー対応半田槽を本社工場へ導入
◇旧・明治ナショナル工業㈱より照明関係の各種基板の生産を開始
(※現:パナソニックライティングシステムズ㈱)
◇任天堂㈱よりニンテンドーDS用ソフトの生産開始
平成18年(2006年) ◇SMT実装において「0603サイズ」チップの実装開始
平成20年(2008年) ◇基板表面実装ラインを1ライン入替(現2号ライン)
◇任天堂㈱よりWii用ソフトの梱包作業開始
平成23年(2011年)12月 ◇創業者・織田信一逝去。
翌・平成24年1月、代表取締役に織田信夫就任
平成24年(2012年) ◇㈱島津製作所より「RoHS認定業者」として登録される
平成25年(2013年) ◇パナソニックライティングシステムズ㈱よりLEDモジュール基板の量産実装加工開始
◇ローム㈱Lighting製造部よりPEN基板の試作実装加工対応
平成26年(2014年) ◇基板表面実装ラインを1ライン入替(現1号ライン)
※この時点で、実装ラインを5ラインから4ラインへ縮小
平成27年(2015年) ◇ローム㈱Lighting製造部との取引を開始
○スタンドライト基板の加工から開始
平成28年(2016年) ◇シライ電子工業㈱のSPET基板に関して量産開始
◇基板表面実装ラインを1ライン更新(3月・現4号ライン)
◇ISO9001:2015年版への移行審査を終える
(優良な顧客に支えられた経営へ)
平成29年(2017年) ◇任天堂㈱のNintendo Switch用ゲームソフトの生産開始
◇会社設立50周年を迎える
◇島津製作所・モノ作りセンター協力会社懇談会にて2016年度協力会社評価制度に基づき表彰をいただく。
平成30年(2018年) ◇島津製作所・モノ作りセンター協力会社懇談会にて2017年度協力会社評価制度に基づく表彰を逃すものの二年連続で1位維持。
◇島津製作所・調達部主催の平成29年度VA提案制度にて表彰をいただく。(6月21日表彰式にて)
◇オムロン製基板外観検査装置/S530を導入
平成31年(2019年) ◇セイテック製半田槽ラインを導入
令和元年(2019年)

◇CKD製半田印刷検査装置を導入
◇上記に連動させるためPFSC社のAPCシステムを導入
◇本社工場にあった基板アッセンブリの工程を技術センターへ移管

 

 

 
ページの先頭へ